シミ対策化粧品を選ぶ時のポイント

シミ対策化粧品を選ぶときには、3つのポイントを抑えて選んでみてください。
・美白有効成分がしっかり配合されている。
・美白成分だけでなく、保湿成分が配合されている。
・ビタミンC・ビタミンAの代謝成分がたくさん配合されている。
この3つです。
あたり前だ!と思ってしまういる人もかもしれませんが、
実は、美白成分がしっかりされているはずなのに、それほど含まれていなかったりする化粧品も存在します。
また、美白成分はしっかり含まれているのに、
保湿が十分でなく、乾燥してしまいがちになる化粧品もあります。

 

<美白有効成分がしっかり配合されている>

 

シミを対策し、美白になりたいのですから、
当然美白成分が配合されていなければなりません。
最近は、話題の成分、「ハイドロキノン配合」のシミ対策化粧品もありますが、
ハイドロキノンは皮膚科の治療薬として使用されるもので、強い副作用を伴います。
副作用によってさらに肌の状態が悪化することも考えられます。
安易に手を出さないほうが無難です。

 

<美白有効成分がしっかり配合されている・保湿成分がしっかり配合されている>

 

シミ対策は、シミを消すというよりも、シミを予防するということが大切です。
肌が乾燥すれば、シミを予防することができませんし、
様々な肌トラブルの原因になります。
美白成分がしっかり配合され、保湿成分もきちんと含まれているものを選びましょう。
<ビタミンC・ビタミンAの代謝成分がたくさん配合されている>
お肌を健康に保つには、ターンオーバーを活性化させることです。
ビタミンC・ビタミンAには、定期的なお肌のターンオーバーに有効です。
浸透性の高い効果のあるものを選ぶとさらに効果が得られます。

オイルクレンジングの使い方

オイルクレンジングの使い方 クレンジングで最もポピュラーなものといえばオイルクレンジングと言えます。 オイルクレンジングはメイクとの馴染みが良く、頑固なメイク汚れもしっかり落とす高い洗浄力を持っています。 肌にメイク汚れが残っていると、後のスキンケアでいくら良いものを使っても効果が薄れてしまいます。 美しい肌のためにはまず、肌を清潔に保つことが大切です。濃いメイクをした日にはオイルクレンジングを取り入れてしっかりメイクオフしましょう。 基本的にオイルクレンジングは濡れた手では使えませんので、水気を拭き取ってからオイルを手に取りましょう。 オイルを顔全体にマッサージをするようにクルクルと指先が円を描くように動かして馴染ませていきます。強い力で行うと肌に負担が係るので注意しましょう。 メイクが浮いてきたら、顔を洗い流す前に一度ぬるま湯で濡らした手で顔をマッサージし、オイルを乳化させます。 最後にぬるま湯で洗い流しましょう。 オイルクレンジングは濡れた手では使用できないものですが、最近ではその欠点を改善した、濡れていても使えるオイルクレンジングがあります。 オイルクレンジングの高い洗浄力はメイクオフがしっかり出来るという面ではメリットですが、肌に対しては刺激が強く乾燥などを招くというデメリットを持っています。 クレンジング剤の中ではオイルクレンジングが最も高い洗浄力を持っています。 アイラインやマスカラもオイルクレンジングを使うだけでもしっかり落ちるので、アイメイクを専用のリムーバーで落としたりするのが面倒な方にも楽に楽に使う事ができます。 リキッドファンデーションや重ねづけしたメイクも素早く落とすことが出来るでしょう。 それだけの洗浄力ですから、肌の潤いや油分も取り去ってしまいます。 乾燥肌や敏感肌の人にはあまりおすすめしません。 美しい肌を保つには油分と水分のバランスがとても重要です。 肌に油分が少なすぎてもトラブルを招く原因になりますので、洗顔のし過ぎはやめましょう。 オイルクレンジングは毎日使っていると肌に必要な油分を減らしていってしまう可能性があるので、使っていて乾燥などの異変を感じた場合は肌を休ませるためにもメイクを薄くしたりクレンジング剤を低刺激のものにしてみましょう。
 
 

メニュー

最新記事